AGAの原因は男性ホルモンの過剰分泌ではない

男性型脱毛症であるAGAの原因は、男性ホルモンの過剰分泌によって引き起こされると考えている人がいます。

 

確かに男性ホルモンとAGAには関りがありますが、男性ホルモンそのものがAGAを引き起こすわけではありません。

 

男性ホルモンの中にはテストステロンというものがあります。

 

これが5αリダクターゼという酵素と接触すると、ジヒドロテストステロンというホルモンに変化します。

 

そしてジヒドロテストステロンには毛髪サイクルを短くする作用があり、髪の毛がしっかりと育つ前に抜け落ちるという現象が起こってしまいます。

 

これがAGAの仕組みです。

 

そのためとにかく男性ホルモンを闇雲に抑制することがAGAの治療に役立つというわけではないのです。

 

 

薄毛対策として真っ先に育毛剤など毛根に栄養を与えようとしたり何かと刺激を与えてなんとか復活してくれないかと考えがちです。

 

そういった育毛剤などの前に薄毛対策の基本としては地肌を清潔に保つことというのが大前提です。

 

地肌を清潔に保つにはしっかりとシャンプーしないといけません。

 

しかししっかりシャンプーするということは残っている髪の多くが流れて行ってしまうという不安にかられてしっかりと洗えない人もいます。

 

そうなると毛根が育つ地肌の清潔さが保てなくなってまた毛根が育たないという悪循環になってしまいます。

 

また薄毛の人ほど中途半端に残っている髪が長い時があります。

 

残っている頭髪でなんとか薄い部分をカバーしようと気持はわからなくはないですが、やはり短い髪と長い髪では短い髪のほうが地肌を清潔に保ちやすくこれもまた、薄毛の人ほど地肌が清潔に保てない悪循環に陥っている人が多くいます。

 

やはりしっかりと頭髪に育つ毛根のためには清潔にすることが薄毛対策の基本といえます。

 

食生活を気を付けて薄毛対策しています

私は偏食気味でした。

 

好きなものしか食べなかったのです。

 

だから魚も野菜もすすんで食べる事はありませんでした。

 

でも偏食ばかりしていると、薄毛になる事実を知ったのです。

 

このままではいけないと思いました。

 

 

だから食生活から変えてみたのです。

 

好き嫌いをせずに、何でもしっかりと食べるようになったのです。

 

そして大好きな外食を減らしました。

 

脂っこいものなど、甘いもの、辛いものを減らしてみたのです。

 

それが結構良かったみたいです。

 

 

薄毛対策どころか、髪の毛がフサフサにもなってきました。

 

以前よりも明らかに増えてきたような気がするのです。

 

頭頂部のぺちゃんこさも気にならなくなって、ふんわりしてきて鏡を見るのが楽しくなってきました。

 

 

 

 

aga クリニック 比較       薄毛 頭頂部 対策     aga m字 効果     発毛 病院 大阪     30 代 薄毛 対策