スキンケアの重要性について

若い内はさほどスキンケアをしないでも肌というのは水分があり潤いや貼りがありますが、若い内からしっかりスキンケアをしていたかどうかが30代になってから成果が出てくると言えます。

 

加齢と共に肌は水分を失い乾燥肌になってしまいます。そして乾燥肌になると肌のバリア機能が低下し少しの刺激で肌荒れを起してしまうのです。

 

1度敏感肌になってしまうと肌に優しい化粧品であっても肌に合わないなんて事もあります。だからそんなことにならないように若い内からしっかりスキンケアをする必要がありますし、そうすることでアンチエイジングケアにもなると言えます。

 

またニキビ予防の化粧品を使用するなど、ニキビが出来てしまってから対策するより出来る前に対策する方が肌へのダメージは少ないということが出来ます。

 

美魔女を本気で目指します

 

昔は30歳以上になれば肌質も変わってきて当然かなと思ってましたが、最近の40代以上の女性には驚きます。雑誌などでも美魔女ブームでキメが細かく美しい肌の方が多いので、私も綺麗な肌を目指すことにしました。

 

良いと言われた化粧品はすぐに試してきましたが、30歳になった今は無添加の化粧品でスキンケアを続けることにしています。洗顔や化粧水など肌に直接付けるものは、市販のものでも成分をよく見てから買うようにしています。

 

低刺激で肌を保湿する効果のある化粧品を買いたいと決めています。最近のお気に入りのスキンケアはセラミド化粧水をたっぷりとコットンパックして、その後はホホバオイルを塗ることにしています。艶々の肌を維持出来ているので嬉しいです。